"web写真集のLegLevel & カメラノハナシ:大分の観光地・撮影地をちょっと変わった風景写真で紹介" >> Camera Collection "カメラノハナシ"

■カメラノハナシ Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4

leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio
leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio
leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio
leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio
leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio
leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio
leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio
leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio
leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio
leglevel.com:Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 :101studio

1966年発売の『Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 』
フルメカニカルのマニュアル機ですが、測光方式がTTL測光を採用し現在にも通じる分割測光の始まりとも言えるカメラです。
ペンタプリズム前面のロゴの下に『CLC(コントラスト・ライト・コンペンセーター:コントラスト光補償方式)』とあります。これは画面を上下2分割で測光しより正確な測光ができるようになっているらしいです!
この時代のカメラはメカニカル&マニュアル機としてはデザインは成熟期なのかもしれないですが機能はまだまだ発展期で、ボディも基本は金属ですがプラスチックなどのパーツも増えてきて軽量化も進んでいきます。時代の流れとしてこの後約20年間一眼レフカメラの熟成期と言ってもいいのではないでしょうか?
20年後に現れる『α』から初まるオートフォーカス+ズームレンズ全盛の時代に向かって!
でもこの頃のカメラがやっぱり一番カメラらしいカメラだと思うのはオジサンの証なのでしょうか!?
このカメラが発売された年にはまだ産まれてもなかった僕ですが…(^_^;)

しかし、このカメラまず名前がイイ!『101』って入ってますからね(^^ゞ
それに色違いで手元にもう1台シルバーまであります。なにかの巡り合わせでしょうね〜
レンズは『MC ROKKOR-PF 58mm F1.4』というTTL露出計に絞り値を連動させることができるようになった『MCロッコール』レンズなのですが…58mmってなぜ?
この58mmレンズは合計3本発売されています。
・MCロッコール58mmF1.2 - 5群7枚。最短撮影距離0.6m
・MCロッコールPG58mmF1.2 - 5群7枚。最短撮影距離0.6m
・MCロッコールPF58mmF1.4 - 5群6枚。最短撮影距離0.6m
詳しいことは知りませんが、なぜでしょう?(^_^;)
55mmのレンズも50mmのレンズもそれぞれ数本ずつ発売されているんですよ、もちろん発売時期などは違うのかもしれませんが、ラインナップとしてどうでしょう50mmと55mmと58mmは発売時期はぜったい被ってたはずです!それぞれにPGやPFの名前の入ったレンズもありますから不思議ですよね〜
不思議がってばかりでも仕方ないのですが、この『MC ROKKOR-PF 58mm F1.4』のピントリングはオイルが固まってますね、動きがとても重いです!
ちょっとメンテしてあげて使ってみましょう!

ボディについてもう1つ、ファインダースクリーンがマイクロプリズム式でスプリットが付いていないのとスクリーンが汚れているのかレンズは明るいんですが曇って見えますね、これも要メンテ項目ですね!
しかし、基本機能は十分ですね。ミラーアップも付いてるし、シャッター速度はBと1秒から1/1000秒まで、感度設定は6〜6400まであるので増感減感でも使えますね!
ただ軍艦部にはアクセサリーシューがあるだけでホットシューにまだなってないのが残念ですね、この辺がまだまだ発展期ですね〜、あ、サンパックさんやナショナルさん家のグリップストロボ大好き人間なんであんま関係ないですねw



管理番号 00016
記事作成者
メーカー Minolta(ミノルタ)
名称 Minolta SR-T101ブラック + MC ROKKOR-PF 58mm F1.4
記事作成日時 2016年2月28日2時7分

 





※『collection』コンテンツはそれぞれのカメラなどの情報を公開することを目的としていますので、公開後も追記や修正などを行っていきます。


Copyright (C) 2012 - 2017 "web写真集のLegLevel & カメラノハナシ:大分の観光地・撮影地をちょっと変わった風景写真で紹介" All Rights Reserved. Powered by GT-SYSTEM