"web写真集のLegLevel & カメラノハナシ:大分の観光地・撮影地をちょっと変わった風景写真で紹介" >> Camera Collection "カメラノハナシ"

■カメラノハナシ LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2

leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio
leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio
leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio
leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio
leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio
leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio
leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio
leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio
leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio
leglevel.com:LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2:101studio

1976年発売の『LEICA R3』と『SUMMICRON-R 50mm F2』ですが、40年前のカメラですがデザインは近代カメラの王道と言ってもいいぐらいのデザインですが、カッコ良過ぎるぐらいカッコイイです!
『SL』のペンタプリズムはすっきりデザインでしたが『R3』のペンタプリズム前面は存在感の『LEICA』の文字が刻まれていますが配置、大きさ共に完璧ですね!
黒いボディにシャッターボタン前の赤い丸で書かれた『Leitz』のロゴもカッコイイですね!
ライカってレンジファインダーが有名ですが一眼レフタイプも持ってて誇らしいカメラだと思います。
『SL』のファインダースクリーンにはピント合わせ用のスプリットが無かったですが、この『R3』には水平タイプのスプリットがあります。
重量はしっかりありますね『SL』よりは軽いですがw

このカメラは『ミノルタXE』をベースにしているらしいですが、独自機能としてスポット測光と中央重点測光が切り替えられるようですが、スポット測光は良いですね!スポット測光好きには唆られるポイントです!
『LEITZ-minolta CL』はミノルタの製造で発売が1973年、『ミノルタXE』の発売は1974年で『R3』は1976年発売という事でこの頃のライカとミノルタの関係性が見えてきますね。
デジカメ全盛の現代はパナソニックが『LEICA』の名前を使ってますけどね。
時代を感じますね(^^ゞ



管理番号 00008
記事作成者
メーカー LEICA(ライカ)
名称 LEICA R3 + SUMMICRON-R 50mm F2
記事作成日時 2016年2月24日4時32分

 





※『collection』コンテンツはそれぞれのカメラなどの情報を公開することを目的としていますので、公開後も追記や修正などを行っていきます。


Copyright (C) 2012 - 2017 "web写真集のLegLevel & カメラノハナシ:大分の観光地・撮影地をちょっと変わった風景写真で紹介" All Rights Reserved. Powered by GT-SYSTEM