"web写真集のLegLevel & カメラノハナシ:大分の観光地・撮影地をちょっと変わった風景写真で紹介" >> Camera Collection "カメラノハナシ"

■カメラノハナシ パノンカメラ商工 Widelux F7

leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio
leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio
leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio
leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio
leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio
leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio
leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio
leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio
leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio
leglevel.com:パノンカメラ商工 Widelux F7:101studio

珍しいカメラですね〜!
パノラマ専用カメラの『Widelux F7』です!
パノンカメラ商工と言う日本の会社が製造していたようですが2005年頃に廃業してるようですね、日本で初めてパノラマカメラを作った会社らしいのですが、もうないのが残念で仕方ないですね(^_^;)

『Widelux F7』は135フィルムを使うのですが、120フィルム(ブローニー)を使う『パノンカメラ』というシリーズや『Widelux 1500(1987年発売)』という機種もあったようですね。
この『Widelux F7』は1975年に発売されたようですが、次のモデルの『Widelux F8』が1988年に発売されたのが最後のようですね。
このカメラは雑誌などでは見たことあっても実機を触ったことはありませんでしたね〜

今となっては画角的には全く撮れない画角ではないのであまり必要は感じてなかったのですが、たぶん味のあるカメラなんでしょうね、フィルムを入れて撮りたいですね!
しかし、135フィルムを使うとは言えサイズが24×60mm、通常のサイズですと24×36mmなので2コマ弱という中途半端なサイズなのでいろいろ問題もあります。
モノクロを自分で現像してプリントまですれば結構楽しめそうですが、とっくの昔に暗室も無くなってますし…、イルフォードとかまだ売ってますかね!?あれはC-41の現像機にかけれるお手軽モノクロですからね、現像したのをスキャンしてもいいかな、機械プリントは厳しいですよね〜(^_^;)
今からまた引き伸ばし機とかを買い揃えるのもねぇ(^_^;)
自分で手焼きなら6×6用のネガキャリアにマスクを作ればプリントもできますが…、DPショップじゃ無理でしょうし…、やっぱりブローニーを使えるフィルムスキャナがあればそれが一番ですかねぇ…
なんとかこのカメラを使ってみたいのです!
案外リバーサルフィルムを入れてフィルムスキャンした後に合成するのが一番手っ取り早そうな気がしますw
本来の仕上がりとは異なるでしょうけどね(^_^;)

このカメラの仕組みを簡単に説明すれば、スマホでパノラマを撮るときにスマホを持って横に動かしますよね、アレをカメラがやってくれるのです!
スマホのあの機能は実はかなり昔からあった方法なんです。それをアプリで再現できるようになったってことですね(^^ゞ

しかし武骨なカメラですよね、好きだなぁこういうの!



管理番号 00005
記事作成者
メーカー パノンカメラ商工
名称 パノンカメラ商工 Widelux F7
記事作成日時 2016年2月23日2時44分

 





※『collection』コンテンツはそれぞれのカメラなどの情報を公開することを目的としていますので、公開後も追記や修正などを行っていきます。


Copyright (C) 2012 - 2017 "web写真集のLegLevel & カメラノハナシ:大分の観光地・撮影地をちょっと変わった風景写真で紹介" All Rights Reserved. Powered by GT-SYSTEM